コンテンツへスキップ

オンラインカジノで使えるココモ法とは

オンラインカジノで使えるココモ法とは

オンラインカジノにはたくさんの攻略法が存在しています。
中でも有名な攻略法の一つがココモ法と呼ばれる攻略法の一つです。

ココモ法はマーチンゲール法の応用となっています。
ココモ法はマーチンゲール法と同様、1度でも勝つことができればそれまで連敗が続いていたとしても全て取り返すことができるやり方となっています。

ここでは、そんなココモ法のやり方・注意点についてご紹介します。

ココモ法の特徴とは

ココモ法はマーチンゲール法の応用として使える攻略法で、マーチンゲール法よりも賭ける金額が少ないのが特徴となっています。
また、マーチンゲール法と同様に、ココモ法の場合も、1度でも成功すれば利益を獲得することができます。
特にココモ法は3倍以上配当があるゲームの場所に賭けるのが有効となっています。

ココモ法の場合、2回連続で負けた場合に、前々回と前回賭けた金額を足した数を賭けていきます。
その上で1度でも勝利すれば負けた金額を取り返せるという方法になっています。

マーチンゲール法と同様に、勝つことができれば負けた分を取り戻すことが出来るというメリットがありますし、また賭け金が大きくなりすぎてしまうというマーチンゲール法のデメリットをなるべく少なくした攻略法です。
このため、プレイヤーからはとても人気の攻略法の一つとなっています。

使い方をしっておけば、マーチンゲール法のように賭け金を大きくしたくない方や、資金が多くない方でも攻略法を駆使して遊ぶことができます。

ココモ法のやり方

ココモ法は主にルーレットなどで使うことが可能となっています。
スタート時に用意する金額は100ドルからでも問題はありません。

1~2回目は同じように1単位の金額を3倍の配当の箇所に賭けます。
2回とも負けてしまった場合、3回目は別の賭け方を行います。
3回目も同じく、3倍以上の配当があるところに賭けますが、3回目は賭ける金額が違います。

ココモ法のやり方

3回目の賭ける金額ですが、1回目にかけた金額(前々回に賭けた金額)と、2回目に賭けた金額(前回に賭けた金額)を足した数を賭けるようにします。
このため、ここでは2ドルを賭けるようにします。
更に続けて負けてしまった場合、4回目も賭ける金額が異なっています。
4回目も、2回目にかけた金額と3回目に賭けた金額を足した数、つまり3ドルを賭けることになります。
その後は負けが続く限り、前々回に賭けた金額と前回に賭けた金額の合計を、3倍の配当があるところに賭けます。
そして、勝つことができた場合には、この時点でスタートから資金が増えている計算になります。

このように、ココモ法は前回賭けた金額と前々回賭けた金額を足して賭け続け、一度でも勝つことが出来れば、その時点で負けた分を取り戻すことが出来るという攻略法になっています。

マーチンゲール法と違って、3倍の配当のゲームで使うことになりますが、賭け金が大きくならないので、とても人気のある攻略法です。
慣れないうちは、まずはお試しプレイでシミュレーションで試してみることをおすすめします。

ココモ法のメリットとは?

オンラインカジノのココモ法にはいくつものメリットがあります。
まずは、ココモ法はマーチンゲール法と同様に1度でも勝つことができれば負けた分を取り戻すことが出来るという攻略法となっています。
その上賭け金が大きくなりすぎませんので、最初に資金がたくさんなくても賭けることが出来るという特徴があります。

そして、ココモ法はオンラインカジノにおいて使いやすい攻略法となっています。
本場のオンラインカジノの場合、目の前にディーラーがいて、メモを取りながら続けていくのは周りの目が気になりますし、注意されてしまうこともあります。
しかし、ココモ法はオンラインカジノなら、ディーラーの目が気になりませんので、自分のペースでゲームが楽しめるというメリットがあります。

途中で計算がわからなくなってしまった場合も、エクセルを使って計算をしたり電卓を使うことが出来るので、失敗しにくいというのも大きなメリットです。

ココモ法の注意点とは?

ココモ法の注意点とは?

オンラインカジノにおいてココモ法はとても有利な攻略法であると考えられています。
しかし、注意点もあります。

ココモ法は勝率が低いという特徴があります。
3倍のゲームで使えるというココモ法は、当然ながら2倍のゲームよりも勝率が低く、連敗してしまう可能性があります。

ココモ法はマーチンゲール法と比較すると賭け金が大きくなりすぎないという特徴がありますが、上昇が穏やかというだけであり、賭け金が増大しないということではありません。
従って、連敗が続くと損失が跳ね上がってしまい、途中で資金が尽きてしまう恐れもありますので注意をしましょう。