コンテンツへスキップ

【最強の必勝法】パーレー法を崩壊させる4つの落とし穴

低リスクで資金を倍々に増やす『パーレー法』は、オンラインカジノ最強の必勝法として多くのプレイヤーに人気の ” ベッティングシステム ” です。
高い攻撃性を持つパーレー法には、法則を崩壊させる落とし穴が存在します。
 
今回は、最強の必勝法「パーレー法を崩壊させる4つの落とし穴」をテーマに、基本的な運用方法や注意点、対策方法をご紹介します。
 
 

基本的な運用方法

パーレー法は、のゲームで運用します。「ゲームに勝って得た配当を、次のゲームに全額ベットする」「損失は1回目の賭金だけ」という ” シンプル ” かつ ” 低リスク ” な特徴で、多くのプレイヤーに親しまれています。
 
運用可能なゲーム
【2倍配当】ルーレットの赤黒・奇数偶数・前半後半、ノーコミッションバカラ
【3倍配当】ルーレットのダズン・カラム
 
 

パーレー法を崩壊させる『4つの落とし穴』

パーレー法を崩壊させる『4つの落とし穴』

1|負けた時点で利益を全て失う

パーレー法は、勝った金額を全額次のゲームにベットする攻略法です。
無敗連勝の勢いが加速すれば、倍々で利益が拡大します。
 
しかし、裏を返せば、一度負けただけで、それまで稼いできた利益と1回目の賭金すべてを失います。
攻略法の多くは「負けても勝利金の一部が残る」「負けた時に損失を取り戻す」など、負けた際のリスク回避策が用意されていますが、パーレー法には存在しません。

パーレー法は ” 攻撃力100・防御力ゼロ ” の攻略法です。
利益を獲得するには「勝ち逃げ」しか手段が無いため、パーレー法運用時は特に勝率を低めに考慮して行動しましょう。
  

2|運用の成功と失敗を交互に繰り返すと、損失が徐々に膨らむ

パーレー法運用の成功と失敗を交互に繰り返し、失敗の割合が成功の同数以上に到達すると、全体の損失が徐々に膨らみます。
 
勝率 50 %(2倍配当)もしくは 33.3 %(3倍配当) のゲームに運用するパーレー法ですが、連勝の確率はゲームを進める度に低くなります。
3連勝する確率は2倍配当で 12.5 %、3倍配当だと 3.7 % まで一気に下がるため「運用を何回か失敗させても、連勝を成功させれば取り戻せる」といった強気な考えは避けた方が無難でしょう。
 

3|スロットで運用できない

1,000 種類以上のゲームで遊べるオンラインカジノが多く存在しますが、そのほとんどを ” スロット ” が占めています。
パーレー法の運用が可能な ” ルーレット ” や ” バカラ ” のビデオゲームやライブカジノを全て足したとしても、50 ゲーム程度でしょう。
 
配当が不安定なスロットに効果的な『ベッティングシステム』は存在しません。
スロットの基本的な攻略法は「ペイアウト率(RTP)の高いゲームを選び、ヒットしにくい時にベット金額を変動させる」「軍資金に余裕の無い時は、ジャックポット付きのスロットで遊ばない」「フリースピン購入可能なスロットの ” トーナメント ” に参加してみる」などが挙げられます。
 

4|ボーナス出金条件を達成しにくい

オンラインカジノで人気の『ボーナス』には、通常の出金条件とは別に ” ボーナス出金賭け条件 ” や ” 反映率 ” が各ボーナス毎に設けられています。
” ボーナス出金条件 ” を達成しない限り、勝利金は出金できません。
 
 

『ボーナス出金条件』『反映率』とは?

『ボーナス出金条件』『反映率』とは?

オンラインカジノで勝利金を出金するには『出金条件』を達成する必要があります。
ボーナス未使用時は「入金額と同額~5倍程度の賭け実績」を出金条件として課すオンラインカジノが一般的なようです。
 
オンラインカジノには『通常時の出金条件』とは別に、ボーナス獲得時に発生する『ボーナス出金条件』が別途設けてあります。
ボーナス出金条件は 「1.ボーナス獲得額の賭け実績」「2.最高賭金額の設定」「3.反映率」3つすべての条件を加味した上で、達成する必要があります。
 

ボーナス出金条件が発生している状態でパーレー法を利用する場合、「2.最高賭金額の設定」と「3.反映率」が負担になる事は間違いありません。
スロットであれば賭金額とフリースピンさえ注意しておけば、ボーナス獲得額の賭け実績をそのまま 100 % 賭けるだけで出金可能になります。

例1『パーレー法』が使えないスロットだけで出金条件を達成する
出金条件|賭け実績が 20 倍のボーナスを 100 ドル獲得、反映率 100 %・最高賭金額1プレイ6ドルの場合
最高賭金額を超過せず、 ” 賭け実績 2,000 ドル ” 達成後に出金が可能になる

しかし、パーレー法の場合「ボーナス出金条件に課せられている ” 最高賭金額(例 25 ドル) ” 以上は賭けられないため、スタート時の賭金を低めに設定する」「運営可能なゲームの ” 反映率が低い(例 10 %~ 15 %) ” ため、より多くの賭金が必要になる」というリスクがあります。
 
例2『パーレー法』が運用可能なルーレットだけで出金条件を達成する
出金条件|賭け実績が 20 倍のボーナスを 100 ドル獲得、反映率 15 %・最高賭金額1プレイ25ドルの場合
最高賭金額を超過せず、 ” 賭け実績 13,334 ドル ” 達成後に出金が可能になる
 
ボーナス出金条件が発生している間は「パーレー法で少し稼いだら、スロットで遊ぶ」「スロットの息抜きに、パーレー法を運用する」など、スロットの合間に運用する程度が理想的でしょう。
 
 

パーレー法を強化するには?

パーレー法を強化するには?

「ゲームに勝って得た配当を、次のゲームに全額ベットする『パーレー法』は、利益を獲得するには「勝ち逃げ」しか手段がありません。
 
しかし、負けた時点から負けた賭金を取り返す『マーチンゲール法』に切り替えたり、連勝で得る利益を爆発的に上昇させる『グランパーレー法』を運用することで ” パーレー法の弱点克服 ” を可能にします。
 

『パーレー法』+『マーチンゲール法』の運用方法

ゲームに負けるまでは『パーレー法』を通常通り運用し、負けた時点で賭金を倍にして『マーチンゲール法』を運用する。
 
運用例)2倍配当のゲーム 10 ドルを賭けて負けたら、次のゲームで『マーチンゲール法』を 20 ドル から開始し勝つまで倍々に賭け続け、勝ったら1セット終わり。
 

『グランパーレー法』の運用方法

” パーレー法で獲得した勝利金 ” に ” 最初の賭金 ” を足して賭け続ける『グランパーレー法』を運用する。

運用例)2倍配当の1ゲーム目に 2ドル賭けて勝ったら、2ゲーム目は6ドル賭け「自分で決めた損切りライン」までか、負けるまで賭け続ける。
 
高い攻撃性を持つ『パーレー法』以外にも、オンラインカジノと相性の良い攻略法は豊富に存在します。
攻略法の運用方法や損切りラインえお見極めるための ” テスト運用 ” をお考えの方は、オンラインカジノが提供している『無料版ゲーム』を活用すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。