コンテンツへスキップ

ランドカジノが日本で解禁されるとネットカジノの違法性はどうなるのか

ここ最近になって、日本でもカジノ合法化が議論されるようになり、実際にカジノ整備法と呼ばれるカジノ法案が可決されました。
カジノ整備法によって、ランドカジノを含むIR誘致が可能となったことから、ランドカジノ合法化を期待している方もきっと多いかと思います。
これまでマカオやラスベガス、韓国などのカジノ合法国に何度も足を運んで楽しんでいた方にとって、このカジノ整備法の可決は朗報でしょう。

しかしここで心配や不安を抱えているのはネットカジノプレイヤーです。
「ランドカジノが開業したら、そのライバルでもあるネットカジノは違法になるのではないか?」と考えているネットカジノプレイヤーも少なからずいらっしゃるかと思います。

そこで今回の記事では、ランドカジノが日本で解禁されるとネットカジノの違法性はどうなるのか?について解説していきます。

カジノ整備法でネットカジノはどうなる?

カジノ整備法でネットカジノはどうなる

カジノ整備法というのは、現在ではIR誘致が目的であり、カジノ自体が解禁されたわけではありません。
しかし今後はカジノ完全合法化に向けて議論が進み、最終的には日本国内でカジノを楽しめる日がやってくることでしょう。

もちろんそれはランドカジノのことを指し、ネットカジノがグレーゾーンから脱却し、法律上合法になるわけではありません。
実際にカジノ整備法について調べてみますと、全てランドカジノやIR全体の記述のみであり、ネットカジノに関することは一切書かれていません。

このことから、カジノ整備法によってネットカジノが合法に進んでいるわけではなく、当然違法化に向けて議論されているわけでもありません。

カジノ整備法とネットカジノの関係

一つ気になるのが、カジノ整備法が成立する前、審議の段階で関係者に配られた資料の中に、ネットカジノを禁止するという記述があったのです。
この事実を知っているネットカジノプレイヤーからは、「やっぱりネットカジノが規制されるかもしれない」と不安の声が多く見られました。

しかし前述した通り、カジノ整備法とネットカジノは無関係であり、この資料におけるネットカジノ禁止は、あくまでもIR事業者に向けて書かれたものです。
簡単に解説しますと、「カジノ整備法はIR事業者へランドカジノライセンス発行を許可するもので、ネットカジノは許可しません」ということです。

つまりIR事業者はランドカジノのみ法的に認められ、IR事業者が日本国内でネットカジノを開業することは出来ない、ということを記述したのみなのです。

カジノ整備法で現在海外を拠点にして運営するネットカジノは規制されませんし、もちろんネットカジノのプレイも違法となるわけではありませんのでご安心ください。

将来的にネットカジノは違法になる?

将来的にネットカジノは違法になる

確かにカジノ整備法はランドカジノのみが対象であり、海外ネットカジノの規制に動いているものではありません。
しかし将来的にネットカジノが違法となる可能性は0ではありませんし、逆にネットカジノが合法になる可能性だって考えられます。

ネットカジノのプレイヤー数は世界的に右肩上がりで増えており、ゲーミングライセンスを発行している国にとっては非常に重要な収入源となっています。
とにかく財源が必要な日本にとって、ゲーミングライセンス発行による収入に目をつけることだって十分に考えられます。

現段階でネットカジノを完全に違法化してしまうと、将来的に見込める財源の一つをみすみす捨てることになります。
だからこそ、現在では違法でも合法でも無いグレーゾーン的な立ち位置に、ネットカジノを置いているのかもしれません。

今でもネットカジノで違法性が問われることも

グレーゾーンのネットカジノですから、場合によっては違法性が認められ、プレイヤーが逮捕されてしまうことがあります。

例えばゲーミングライセンスを所持し、海外拠点だと偽って日本国内で運営しているネットカジノをプレイした時です。
ゲーミングライセンスを所持しているのですから国際的には合法ネットカジノですが、日本で運営するのは違法行為です。

過去にドリームカジノというネットカジノがあり、このサイトではゲーミングライセンスを所持していましたが、大阪にて摘発された事件です。
不幸中の幸いにプレイヤーは警察の指導のみで済みましたが、下手したらプレイヤーまで逮捕されてしまう可能性は十分にありました。

そしてもう一つがインカジ店です。
つまり店舗を構えてネットカジノをプレイできる店のことで、これは完全なる違法店であり、運営側はもちろんのこと、そこに出入りしている客も単純賭博罪で逮捕されます。
アカウントを作成することなく気軽にネットカジノをプレイできるインカジ店ですが、絶対に足を踏み入れてはいけません。

今でもネットカジノで違法性が問われることも

まとめ

今回の記事では、ランドカジノが日本で解禁されるとネットカジノの違法性はどうなるのか?について詳しく解説させていただきました。

カジノ整備法は、あくまでもランドカジノを含むIR誘致を目的としているため、ネットカジノとは無関係の法律です。
ランドカジノが合法化されたとしても、ネットカジノが違法になるわけではありません。

逆にネットカジノのゲーミングライセンス発行による収入を国の財源化するため、ネットカジノを合法にする可能性だって十分に考えられます。
現段階では、ネットカジノをプレイすることに違法性はありませんのでご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。