コンテンツへスキップ

ここ最近になって、日本でもカジノ合法化が議論されるようになり、実際にカジノ整備法と呼ばれるカジノ法案が可決されました。
カジノ整備法によって、ランドカジノを含むIR誘致が可能となったことから、ランドカジノ合法化を期待している方もきっと多いかと思います。
これまでマカオやラスベガス、韓国などのカジノ合法国に何度も足を運んで楽しんでいた方にとって、このカジノ整備法の可決は朗報でしょう。

しかしここで心配や不安を抱えているのはネットカジノプレイヤーです。
「ランドカジノが開業したら、そのライバルでもあるネットカジノは違法になるのではないか?」と考えているネットカジノプレイヤーも少なからずいらっしゃるかと思います。

そこで今回の記事では、ランドカジノが日本で解禁されるとネットカジノの違法性はどうなるのか?について解説していきます。

カジノ整備法でネットカジノはどうなる?

カジノ整備法でネットカジノはどうなる

カジノ整備法というのは、現在ではIR誘致が目的であり、カジノ自体が解禁されたわけではありません。
しかし今後はカジノ完全合法化に向けて議論が進み、最終的には日本国内でカジノを楽しめる日がやってくることでしょう。

もちろんそれはランドカジノのことを指し、ネットカジノがグレーゾーンから脱却し、法律上合法になるわけではありません。
実際にカジノ整備法について調べてみますと、全てランドカジノやIR全体の記述のみであり、ネットカジノに関することは一切書かれていません。

このことから、カジノ整備法によってネットカジノが合法に進んでいるわけではなく、当然違法化に向けて議論されているわけでもありません。

カジノ整備法とネットカジノの関係

一つ気になるのが、カジノ整備法が成立する前、審議の段階で関係者に配られた資料の中に、ネットカジノを禁止するという記述があったのです。
この事実を知っているネットカジノプレイヤーからは、「やっぱりネットカジノが規制されるかもしれない」と不安の声が多く見られました。

しかし前述した通り、カジノ整備法とネットカジノは無関係であり、この資料におけるネットカジノ禁止は、あくまでもIR事業者に向けて書かれたものです。
簡単に解説しますと、「カジノ整備法はIR事業者へランドカジノライセンス発行を許可するもので、ネットカジノは許可しません」ということです。

つまりIR事業者はランドカジノのみ法的に認められ、IR事業者が日本国内でネットカジノを開業することは出来ない、ということを記述したのみなのです。

カジノ整備法で現在海外を拠点にして運営するネットカジノは規制されませんし、もちろんネットカジノのプレイも違法となるわけではありませんのでご安心ください。

将来的にネットカジノは違法になる?

将来的にネットカジノは違法になる

確かにカジノ整備法はランドカジノのみが対象であり、海外ネットカジノの規制に動いているものではありません。
しかし将来的にネットカジノが違法となる可能性は0ではありませんし、逆にネットカジノが合法になる可能性だって考えられます。

ネットカジノのプレイヤー数は世界的に右肩上がりで増えており、ゲーミングライセンスを発行している国にとっては非常に重要な収入源となっています。
とにかく財源が必要な日本にとって、ゲーミングライセンス発行による収入に目をつけることだって十分に考えられます。

現段階でネットカジノを完全に違法化してしまうと、将来的に見込める財源の一つをみすみす捨てることになります。
だからこそ、現在では違法でも合法でも無いグレーゾーン的な立ち位置に、ネットカジノを置いているのかもしれません。

今でもネットカジノで違法性が問われることも

グレーゾーンのネットカジノですから、場合によっては違法性が認められ、プレイヤーが逮捕されてしまうことがあります。

例えばゲーミングライセンスを所持し、海外拠点だと偽って日本国内で運営しているネットカジノをプレイした時です。
ゲーミングライセンスを所持しているのですから国際的には合法ネットカジノですが、日本で運営するのは違法行為です。

過去にドリームカジノというネットカジノがあり、このサイトではゲーミングライセンスを所持していましたが、大阪にて摘発された事件です。
不幸中の幸いにプレイヤーは警察の指導のみで済みましたが、下手したらプレイヤーまで逮捕されてしまう可能性は十分にありました。

そしてもう一つがインカジ店です。
つまり店舗を構えてネットカジノをプレイできる店のことで、これは完全なる違法店であり、運営側はもちろんのこと、そこに出入りしている客も単純賭博罪で逮捕されます。
アカウントを作成することなく気軽にネットカジノをプレイできるインカジ店ですが、絶対に足を踏み入れてはいけません。

今でもネットカジノで違法性が問われることも

まとめ

今回の記事では、ランドカジノが日本で解禁されるとネットカジノの違法性はどうなるのか?について詳しく解説させていただきました。

カジノ整備法は、あくまでもランドカジノを含むIR誘致を目的としているため、ネットカジノとは無関係の法律です。
ランドカジノが合法化されたとしても、ネットカジノが違法になるわけではありません。

逆にネットカジノのゲーミングライセンス発行による収入を国の財源化するため、ネットカジノを合法にする可能性だって十分に考えられます。
現段階では、ネットカジノをプレイすることに違法性はありませんのでご安心ください。

カジノシークレットは日本語対応しています
入出金がしやすく、信頼性も高いオンラインカジノです。
プロモーションやお得なキャッシュバックもあり、利用しやすさではトップクラスとも言えます。

では、そんなカジノシークレットの登録情報についてまとめていきます。
登録の流れや必要な物、登録できない理由や対処方法についても紹介していきます。

数分で終わるカジノシークレットの登録

数分で終わるカジノシークレットの登録

カジノシークレットに登録するときは以下の順に行っていきます。

1.HPの「ここから登録」をタップする

カジノシークレットのHPに「ここから登録」というタグがあります。
タグをタップすると登録フォームに移動するので、そのまま流れにそって入力していきましょう。

2.メールアドレスと電話番号を入力する

最初にメールアドレス、パスワード、確認用パスワード、電話番号を入力していきます。
メールアドレスは、パソコンアドレスでもモバイルアドレスでもOKです。

電話番号入力は国番号(+81)、「0」を抜いた電話番号で入力していきます。
090~で始まる番号であれば、90~入力していきましょう。

ここまで終われば画面下にある「次へ進む」をタップします。

3.個人情報を入力する

氏名や国籍、利用する通貨、住所などを入力していきます。
カジノシークレットの登録は日本語にも対応しているので、住所は日本式で漢字入力しても問題ありません。

ただし、氏名はローマ字入力となっています。
漢字や平仮名だとエラーが出るので気をつけましょう。

4.届いたメールからアカウントを有効にする

ここまで終わると登録したメールアドレスにメールが届きます。
カジノシークレットから送られてきたリンクをタップし、アカウントを有効化すれば登録は完了です。

カジノシークレットの登録に必要な物

カジノシークレットの登録に必要な物

カジノシークレットに登録するときは、特に必要な物はありません。

しかし、初出金するときに本人確認が必要となっています。
個人情報の確認をしないと出金できないと利用規約で決まっているので、最初に設定しておくようにしましょう。

本人確認に必要な物は以下の3点です。

・身分証証明書
・住所確認書類
・クレジットカード(クレジットカード入金をする場合のみ)

身分証明書になるのは、原則として顔写真が掲載されている物です。
運転免許証やパスポート、マイナンバーカード、住民基本台帳カードなどを用意しておきましょう。

住所確認書類は、公共料金の請求書、銀行明細書、クレジットカードの明細書などが有効です。

また、クレジットカード入金をする場合は、クレジットカード書類も提出する必要があります。
使用するクレジットカードの裏表の写真を撮って送りますが、部分的に隠してから送るようにしましょう。

表面は、最初の6文字と最後の4文字が必要です。
それ以外は加工するなどして隠しましょう。

裏面は、署名が見えればOKです。
コード数字は表面と同じく加工するなどして送信しましょう。

こちらはクレジットカードを使わないという人は提出する必要はありません。

上記の3つの提出は、カジノシークレットの登録が終わってから行います。
ログインし、「プロフィール」→「ドキュメント」→「アカウント」の順にタップすると本人確認を設定する画面にいきます。
「アップロード」をタップするとそれぞれの証明書を提出する蘭があるので、写真を張り付けていくようにして下さい。

カジノシークレットに登録できない理由と対処方法

カジノシークレットの登録は簡単です。
しかし以下の2つのケースだと登録できないことがあるので注意しておきましょう。

・すでにアカウントを作成している

カジノシークレットは、1人につき1アカウントしか登録することはできません。
登録したメールアドレス、電話番号、IPアドレスが重複していると、新規アカウントは作ることができない仕様になっています。

以前に同じ端末で登録した、同じメールアドレスや番号で登録した、というのであれば新規アカウントは作成できないので注意しましょう。
その場合は以前のアカウントを使うことになります。

・ネット環境が不安定

電波が弱いと、エラーが起こってアカウント登録ができないことがあります。
別のネット環境で試してみる、時間をおいてから再度アクセスしてみるなどしてみましょう。

上記2点に覚えがない、改善してもカジノシークレットに登録できない場合は、カスタマーサポートに連絡を入れるようにして下さい。
サポートは朝の10:00~深夜2:00まで対応しています。

まとめ

まとめ

カジノシークレットに登録するときは、指示に従って必須情報を入力していくだけです。
身分証明などは登録時には必要ありませんから、僅か数分で登録を完了させることができます。

ただし、身分証明などの登録をしなくても遊ぶことができますが、出金をするには身分証明や住所確認が必要です。
すぐにリアルマネーで遊びたい人は、早めに登録を済ませるようにしましょう。

オンラインカジノで遊んでも違法ではない

オンラインカジノで遊んでも違法ではない

カジノ法案が成立されたとはいえ、現在の日本の法律上オンラインカジノは合法とは認められていません。
こうした法律上の問題から、日本の企業が運営しているオンラインカジノは1つも存在しません。
万が一、日本企業が運営しているオンラインカジノがあったら、そのオンラインカジノは完全に違法行為を行っているということになります。

日本から利用できるオンラインカジノは、すべて海外企業により海外にて運営されています。
合法なギャンブルではないながらも、日本から利用して法に触れないのは、オンラインカジノが海外にて運営されているサービスだからです。

運営者も賭場となるサーバーもすべてが海外にあるため、日本からの利用はカジノ合法国への海外旅行でカジノを楽しむことと同じになります。
そのため、オンラインカジノは合法なギャンブルではないながらも、利用したからといって法により罰せられることがないのです。

オンラインカジノには1年中24時間いつでも利用できたり、還元率が95%を超えていたりと、日本のギャンブルにはない魅力がたくさんあります。
ギャンブルで稼ぎたいのならば、その公表されている数字的にも絶対にオンラインカジノでプレイした方が有利となります。

しかしオンラインカジノにも利用にあたり少し困ってしまう部分があります。
それはオンラインカジノが海外企業により海外運営されているということから発生する問題です。

オンラインカジノを楽しむ準備

オンラインカジノを楽しむ準備

オンラインカジのアカウント開設はとても簡単です。
日本語対応しているオンラインカジノならば、日本のサイトに登録するような感覚でアカウントを開設することができます。
しかし、本当の問題はそのアカウント開設の次です。

オンラインカジノで遊ぶには入金が必要となります。
とは言え、オンラインカジノは海外サービスであるため、国内サービスのように手軽に入金することができません。
通貨の問題もあれば、送金方法の問題もあります。

その為、日本からオンラインカジノを利用する際にもっとも多く使用されている入金方法が電子決済サービスです。
電子決済サービスとは日本のサービスで言うところの電子マネー的なサービスです。

確かに電子決済サービスには便利な点がありますが、入金する場合、電子決済サービスへの入金と電子決済サービスからオンラインカジノへの入金の2つの手間が発生します。
最終的にオンラインカジノ側へ入金されるには数日の時間を要することもあります。

時間的に余裕があり、待つことができる方ならばそれでも良いと思いますが、ギャンブルへの欲求というのは突然湧き起こるものなので、利用したい時に利用できなければギャンブルへの熱も冷めてしまいます。

それではオンラインカジノへの入金に時間を取られてしまうのは仕方がないのかというとそうではありません。
オンラインカジノの入金手段の中にはクレジットカードがあります。

クレジットカード入金はその他のどんな入金方法よりもずっと早くオンラインカジノに入金することができます。
入金方法もシンプルで、入金する金額の決定とカード情報を入力するだけです。
ドルやユーロへの通貨の換金もその時のレートに合わせて自動で換えてくれるので、手間を要することなく素早く入金することができます。

ほとんどのオンラインカジノは、クレジットカード入金を行ったそのタイミングでオンラインカジノ側に入金額が表示されます。
クレジットカード入金ならば、このようにギャンブルへの熱を冷ますことなくオンラインカジノを楽しめるので、オンラインカジノへの入金にはクレジットカード入金がおすすめです。

カジノ毎に使える国際ブランドは異なる

カジノ毎に使える国際ブランドは異なる

耳にしたことのあるクレジットカードの国際ブランドといえば、VISA、MasterCard、American expressの3つでしょう。
オンラインカジノ全体的に見れば、この4つの国際ブランドはすべて入金に使用することができます。

ですが、オンラインカジノによって使用できる国際ブランドは違います

VISAのみのところもあれば、VISAとMasterCardのみとなっているところもあります。
American expressに関しては、オンラインカジノの入金手段としてあまり採用されていませんが、使用できるオンラインカジノもあるので、American expressしか持っていないという方はまずは使用できるオンラインカジノを確認しておくようにしましょう。

逆にVISAに関していえば、クレジットカード入金可能なオンラインカジノではまず間違いなく使用することができますので、国際ブランドがVISAのクレジットカードを持っている方はなにも心配することなくオンラインカジノへ入金することができるでしょう。

クレジットカードへの出金はできない

クレジットカードで入金することは可能ですが、クレジットカードに出金することはできません。
以前はクレジットカードへの出金が可能な時期もありましたが、現在はどこのオンラインカジノもクレジットカードへの出金は行っていません。

出金するにはエコペイズ、アイウォレットを代表とする電子決済サービスか海外送金の2択しかありません。
この2つの中でも電子決済サービスの方がずっと便利ですので、入金はクレジットカード、出金は電子決済サービスと入出金でサービスを使い分けることで、オンラインカジノを快適に利用することができます。

オンラインカジノ以外のサービスでネッテラーは活躍

オンラインカジノ以外のサービスでネッテラーは活躍

オンラインカジノはネッテラーが日本人向けにサービスを停止した時点で利用できなくなり、ネッテラーは撤退したものと考えられていました。
同時にネッテラーが利用できない日本人ユーザーは、とてもつらい思いをしているのは事実なのです。

しかし、ネッテラーは他の方面では使い続けられるのです。
ブックメーカーのようにネッテラーを経由して入金できるサービスも用意されています。
オンラインカジノでは使えなくなったネッテラーですが、それ以外のサービスでは使える可能性があるので、オンラインカジノ以外にもギャンブルで楽しみたいと考えているなら検討してみましょう。

オンラインカジノではネッテラーは使えない

ネッテラーは2016年にオンラインカジノから撤退し、現在まで利用できません。
既に撤退してから2年近くが経過しましたが、未だにネッテラーが撤退した影響は残っています。

同様のサービスであるエコペイズやアイウォレットは、ネッテラーの使い勝手に合わせるように様々な部分で変更を加えるようになり、大きな変化も実施しました。
しかしネッテラーのような使い勝手まで持っていけないまま、他のサービスと競合することとなったのです。

これまではネッテラーが使えたため、日本人ユーザーの大半はネッテラーを使っていました。
ネッテラーを使っておけば大丈夫と考えられていたほど、ネッテラーの信用度は非常に高かったのです。

しかしネッテラーは撤退し、新しいサービスへ切り替えないとオンラインカジノでは楽しめなくなりました。
ネッテラー撤退の影響は大きく、多数のユーザーがオンラインカジノを止めてしまった部分もあります。
エコペイズやアイウォレットでは対処できない部分も多くあったからです。

現在はネッテラーのようにサービスを提供していたエコペイズがサービスを縮小してしまい、オンラインカジノ向けに使いづらくなっています。
ネッテラーのように使い勝手を良くすると、将来的には大きな影響を及ぼす可能性もあるのは間違いありません。

オンラインカジノは確かにいいサイトかもしれませんが、遊んでいるユーザー以上に入出金サービス側の負担もかなり大きく、信用を失ってしまう可能性もそれなりに高いのです。

オンラインカジノ以外では使えるメリットも

オンラインカジノ以外では使えるメリットも

オンラインカジノから撤退したネッテラーですが、他のギャンブルサービスでは使い続けられるメリットも持っています。
実はブックメーカーでは現在も使えるサイトがあり、ネッテラーを使って入出金が可能です。

最近になり、日本人向けにネッテラーが登録を再開したこともプラスに働いており、ブックメーカーで遊ぶ人にはネッテラーが使えるのです。
ただ、全てのブックメーカーで利用できるのではなく、ごく限られたサイトでしか使えないので気を付けてください。

ネッテラーが使えるのはすごくいいことです。
他の入出金サービスよりも使いやすいだけでなく、手数料面でも優遇が得られます。
さらに安心感がとても強いサイトです。

これまでに入出金関連で問題を起こしているわけではないですし、簡単に入金できるというメリットも持っています。
つまりブックメーカーで遊ぶ人にとって、簡単に入出金ができるネッテラーが使えるのはとてもいいことで、これまでよりも簡単にお金を出せる可能性もあるのです。

オンラインカジノから撤退し、ネッテラーはギャンブル関連のサービスから撤退したと思われていましたが、ブックメーカーではまだ使える場所もあります。
アカウントを持っている人、これからネッテラーのアカウントを作りたいと考えている人は、ブックメーカーで遊びたいと考えるなら考えるといいでしょう。

ただ、オンラインカジノ限定で遊びたいと考えているなら、アイウォレットやエコペイズの登録を考えた方が安心です

ネッテラーが使えるサービスは少ない

ネッテラーが使えるサービスは少ない

ネッテラーが使えるサービスは限定的であり、これまでのように多くのサービスで使えるわけではありません。
そしてオンラインカジノから撤退した後もギャンブル業界からどんどん撤退を続けて、使えるサービスは限定的となりました。

ネッテラーが使えるサービスは用意されているものの、オンラインカジノを中心にほぼ使えないとわかっているので、あまり将来的に多くのギャンブルで使えるという考えは持たないほうがいいかもしれません。
その方が安心して入出金ができるでしょう。

オンラインカジノでは、ネッテラー以外のサービスを使ったほうが安心できるのは間違いありません。
ネッテラーが復帰するという考えは基本的に捨てて、他のサービスを使って入出金を検討したほうがいいのです。

ネッテラーが復帰するまでには相当な時間がかかるのは間違いありませんし、仮に復帰したとしてもすべてのオンラインカジノで使えるわけではないので、遊んでいるオンラインカジノによってはほとんど使えずに苦労するのです。